YOASOBI「夜に駆ける」歌詞の意味とは?【歌詞解釈・解説】

音楽

歌詞

沈むように溶けてゆくように
二人だけの空が広がる夜に

「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった
日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた

初めて会った日から
僕の心の全てを奪った
どこか儚い空気を纏う君は
寂しい目をしてたんだ

いつだってチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
触れる心無い言葉うるさい声に
涙が零れそうでも
ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる

騒がしい日々に笑えない君に
思い付く限り眩しい明日を
明けない夜に落ちてゆく前に
僕の手を掴んでほら
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も
抱きしめた温もりで溶かすから
怖くないよいつか日が昇るまで
二人でいよう

君にしか見えない
何かを見つめる君が嫌いだ
見惚れているかのような恋するような
そんな顔が嫌いだ

信じていたいけど信じれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんび怒って泣いていくの
それでもきっといつかはきっと僕らはきっと
分かり合えるさ信じてるよ

もう嫌だって疲れたんだって
がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君
もう嫌だって疲れたよなんて
本当は僕も言いたいんだ

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

騒がしい日々に笑えなくなっていた
僕の目に映る君は綺麗だ
明けない夜に溢れた涙も
君の笑顔に溶けていく

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に
差し伸べてくれた君の手を取る
涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく
繋いだ手を離さないでよ
二人今、夜に駆け出していく

作詞:Ayase
作曲:Ayase
YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

歌詞解説

前提

「夜に駆ける」には歌詞の元になった小説があります。
その原作小説「タナトスの誘惑」を一度読んでから曲を聴くと歌詞の世界観がさらに深まります。

「タナトスの誘惑」の世界では、生に対する欲動「エロス」に支配される人間と、死に対する欲動「タナトス」に支配される人間の2種類がいる。「タナトス」に支配される人間には「死神」が見える。「死神」はそれを見る者にとって1番魅力的に感じる姿(=理想の人の姿)をしている。曲中の君(=彼女)は「タナトス」に支配される人間である。

要するに自殺願望のある彼女を持つ男性の物語です。

1番

沈むように溶けてゆくように
二人だけの空が広がる夜に
「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった
日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた

作詞:Ayase
作曲:Ayase

広がる夜、沈んでいく日を見ていることから夕方の出来事とわかります。「さよなら」とだけ書かれたメールを受けとった僕は君の自殺を止めるために現場へと向かいました。駆けつけると、君はビルの屋上のフェンスの向こうで今まさに飛び降りようとしていました。

初めて会った日から
僕の心の全てを奪った
どこか儚い空気を纏う君は
寂しい目をしてたんだ

作詞:Ayase
作曲:Ayase

初めて会った日に僕は君に一目惚れしました。とても美しい君でしたがどこか儚い雰囲気で、さびしい目をしていました。

いつだってチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
触れる心無い言葉うるさい声に
涙が零れそうでも
ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる

作詞:Ayase
作曲:Ayase

いつも慌ただしいこの世界では心無い言葉が飛び交っていて、君はそんな言葉に触れるたびに傷ついてしまいます。しかし、僕と君の2人でなら生きていけると前向きに励ましています。

サビ

騒がしい日々に笑えない君に
思い付く限り眩しい明日を
明けない夜に落ちてゆく前に
僕の手を掴んでほら
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も
抱きしめた温もりで溶かすから
怖くないよいつか日が昇るまで二人でいよう

作詞:Ayase
作曲:Ayase

ネガティブな性格で自殺願望がある君。僕と一緒にいることで楽しい毎日にしてあげるよという思いつく限りの言葉を投げかけて、一生懸命に彼女を励ましています。まさにビルから飛び降りようとしている彼女を何とか助けたい、守りたいという僕の気持ちが表れています。

2番

君にしか見えない
何かを見つめる君が嫌いだ
見惚れているかのような恋するような
そんな顔が嫌いだ

作詞:Ayase
作曲:Ayase

僕には見ることができないが、君には「死神」が見えています。理想の人の姿をしているという「死神」を見ているときの君はそれに恋しているように見えます。そんな「死神」に僕は嫉妬しています。

信じていたいけど信じれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんび怒って泣いていくの
それでもきっといつかはきっと僕らはきっと
分かり合えるさ信じてるよ

作詞:Ayase
作曲:Ayase

君のことを信じたいけど、いつか「死神」に心奪われるのではないかと不安になります。そして、この不安はこれから付き合っていくうえでいくつもあることでしょう。それでも、怒ったり泣いたりしながら1つずつ乗り越えていくことで、僕は君と分かち合えると信じています。

3番

もう嫌だって疲れたんだって
がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君
もう嫌だって疲れたよなんて
本当は僕も言いたいんだ

作詞:Ayase
作曲:Ayase

必死の説得もむなしく、もう嫌だ、疲れたといって差し伸べた僕の手をふりほどいてしまいます。本当はもう嫌だ、疲れたと言いたいのは僕の方だと弱気な気持ちが出てきます。

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

作詞:Ayase
作曲:Ayase

いつも慌ただしいこの世界でいろいろな言葉で君を励ましてきましたが、君には一つも届くことはありませんでした。とうとう疲れてしまった僕は君に釣られて「終わりにしたい」と口にしてしまいました。すると今まで笑うことのなかった君が初めて笑ってくれました。

サビ

騒がしい日々に笑えなくなっていた
僕の目に映る君は綺麗だ
明けない夜に溢れた涙も
君の笑顔に溶けていく

作詞:Ayase
作曲:Ayase

これまでの君を励まし続ける日々に僕自身が笑えなくなっていましたが、僕の目の前で笑う君はとても綺麗だと感じます。今まで流した涙も君の笑顔ひとつで癒されます。これまでの苦悩がすべて報われたような気持になります。

ラストサビ

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に
差し伸べてくれた君の手を取る
涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく
繋いだ手を離さないでよ
二人今、夜に駆け出していく

作詞:Ayase
作曲:Ayase

変わり映えのない日常に泣いていた僕を君は優しくともに逝こうと誘います。それでも、僕の心は霧が晴れていくような気がして、君の差し伸べてくれた手を取りました。ビル風に吹かれながら、二人はしっかりと手を繋いで、夜を駆けるように身投げしました

僕は君によって「タナトス」に支配される人間になってしまいました。僕にとっての「死神」は「君」です。君が求めていたことは僕とともに「夜に駆ける」ことでした。

まとめ

小説が元ネタということもあり、楽曲にストーリー性がある曲でした。小説を読んでから聴くと物語として歌詞が入ってくると思いますので、原作小説「タナトスの誘惑」も併せて読むことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました